キャリアステップ

重田 由希乃

バイヤー

重田 由希乃

2008年入社/ベビー・キッズ部門バイヤー

2008年に販売スタッフとして中途入社、ステーショナリー担当として1年間店舗で勤務。その後本部へ移り、2009年よりステーショナリー・インテリアのバイヤーを担当。結婚・出産を経て2011年に仕事復帰後、2012年よりベビー&キッズ服・雑貨バイヤーの職に就く。

入社1年目

店舗での日々の小さな気づきを大切に!
店舗での日々の小さな気づきを大切に!

入社後、ラッピングやレジの基本的な研修を終え、ステーショナリーの担当となりました。担当した部門は商品の種類が多く、新商品やリピートの検品・値付け・品出しだけでも時間がかかり、クリンリネスやお客様応対をしっかりと行うことができていませんでした。そんな中でも、毎日の困ったことや気づきを、教育担当の先輩に伝えることを欠かさず行っていました。それが本部へと報告され、売場での改善に繋がっていきました。現場スタッフでしか気づけないことを、しっかり本部へ伝えることの大切さを学びました。

入社2年目

店舗から本部へ。バイヤーとしてのが仕事スタート
店舗から本部へ。バイヤーとしてのが仕事スタート

1年間の店舗での勤務後、念願だったステーショナリーのバイヤーを任せていただくことになり、本部への異動が決まりました。まずは販売スタッフを経験したことからの気づき・問題点などを、一つひとつ改善することに努めました。そしてアミングらしい商品の仕入れ、アミングらしさの伝わる売場提案をシーズンに合わせていち早く行い、店舗がわかりやすいように指示を出すよう心がけました。現場からの声を取り入れることも大切にしていたことの一つです。展示会などで東京へ行く機会も増え、メーカーより情報を仕入れ、店舗リサーチなども行い、お店づくりに活かすようになりました。

入社4年目

結婚・出産を経て、バイヤーとして復帰
結婚・出産を経て、バイヤーとして復帰

結婚、妊娠後も職場環境の良さもあり、妊娠10ヶ月目まで短時間シフトや有給を利用して働かせていただくことができました。また、出産後も4ヶ月の産休を経て、バイヤーとして復職することができました。 産休の期間中に、続けて3店舗新店のオープンがあり、管理ができるかという心配もありましたが、サポートスタッフと連絡を取りながら、なんとか売場を完成することができました。子どもを保育園に預けながらの復帰だったため、子どもが熱を出し会社を休むことが多い状況のなか、本部スタッフ全員がサポートしてくれたおかげでバイヤーとして仕事を続けることが出来ました。

入社5年目

育児の経験を活かし、ベビー担当バイヤーに!
育児の経験を活かし、ベビー担当バイヤーに!

出産・育児の経験を活かしたいと思い、ベビー&キッズ服・雑貨部門のバイヤーに志願し、任せていただく事になりました。育児も少し落ち着き、売場へ毎日足を運ぶことができるようになり、バイヤーとして、そして一人のベビー服・ベビー用品購入者として、お客様目線で商品を見ることができ、それをダイレクトに品揃えや、売場づくり、POPなどに活かすことができました。

入社6年目

「アミングらしさ」を店舗で表現したい
「アミングらしさ」を店舗で表現したい

現在ベビーバイヤー2年目となります。バイヤーとしても5年目を迎え、仕入れの際には、今までのアミングにはない「新しい分野・モノ」へのチャレンジを行うことが出来るようになりました。社長・専務の近くで働けることで、アミングの方向性や想いを強く感じることができ、それが日々の仕事や、これからのアミングづくりを考える上での基盤となっていると思います。これを店舗スタッフにまでしっかりと伝え、売場・人ともに「アミングらしさ」を実現していくことが私の使命です。